--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.18
Sat
ファミリーの皆様の日頃のご来店により、何とか6年目を迎えることができました。

有難うございます。

有ることが難しいと書いて、ありがとう。

最もパワーのある言葉の一つです。

毎年安定しない生活が依然として続きますが、何かを受け取っていると思って頂けるなら、私は成功しています。


「成功した人間になろうとするな。

むしろ価値のある人間になろうとせよ」

この言葉が示す通り、たとえたった一人でも、あきらめずに粘りず強く継続して何かをやり遂げる。

そこに人間としての高い価値を置いています。


さて、6年前と比べてもさらにいたるところに、治療院・整骨院・整体院が乱立しています。

これが示す事実は、ストレス社会による弊害です。

いろいろな治療法を謳いあの手この手で集客に躍起になっています。

まぁ資本主義なのでそれは良いのですが、

しかし、人とのつながりを意識して、俯瞰的に仕事をしている人達がどのくらいいるのか。

組織や肩書なくして、個としての信念で行動できる人はどのくらいいるのか。

おそらくとても少ないでしょう。

手技を受けて、身体が軽くなるというのは当然のこととして、その根底にある怒り、不安、悲しみという心理を変化させなければ、高いレベルの治癒は起こりません。

つながりや絆が、喜びや豊さ癒しを深める。

この仮説と検証に6年ほど費やしました。

時間がかかりましたが、自己開示、共通言語、相手の立場に立つという姿勢、「情」を通じて、私にできることでサービスを提供してまいりました。

情とは、愛情、情熱、情報交換のことです。

そして、昨年から取り組んできたことが、ようやく形になりました。

それが、「ワンストップ・サービス化」です。

---------------------------------------------------------

何かをやろうとしても人脈はゼロ。人付き合いもほとんどしません。


そこで、平成24年の10月頃から積極的に外に出て人に会ったり、

自分が苦手なことを積極的に始めました。


1441434_410704929056010_572028000_n.jpg

コミュニティカフェたまねぎ畑の活動を通じて、いろいろな方との出会いがありました。


947038_191453877675038_869743954_n.jpg



1239881_380765358716634_1363679464_n.jpg

賛同者もいないし、これは無理なのでは・・という思いもありましたが自分を奮い立たせました。

ネバーギブアップ精神こそが、自分の最大の強みである。

そこに気付きました。

成果は、強みによってのみ発揮されます。

そして、ソーシャルな場に参加することでより自分のやりたいことが明確になりました。

協働の流れをつくることが可能になりました。


一部では行動力があると思われていますが、実はやり始めるまで非常に時間がかかるタイプです。

とくに影響力のない凡人ですから、さらに時間がかかります。

そこで、

やりたいことは人に話す。

たった一人でもやる。

そして、有言実行!

この流れを無理やりつくりました。


165266_325433264249844_148171841_n.jpg


これからの時代は、信頼できて誠実に対応してくれる誰を知っているかが重要になってきます。

とくに福祉や介護に関しては制度が複雑であったりするため、まったく知識がなく、使えるサービスを使わずに損をしているというケースが多々あります。

行政機関というのは、とても不親切で聞かれたことにしか答えません。(保険料をしっかり払っているのにも関わらず)

また、相続の問題や手続きについて、預金を保険商品などに変えておくだけで相続税や財産分与の手間を省き問題なくスムーズに手続きできることなど、ほとんど知られていません。

知っているということが安心につながります。もしも何かあったときに、見知らぬ誰かに依頼して、雑なサービスを受ける高い料金を取られるということは、避けていただきたいと思います。


そこで、福祉や介護に関する相談や専門家が必要な相談(葬儀関連、行政書士や司法書士)、生活全般の困りごとを私が窓口となり受付けることにしました。

また、専門家を招いて定期的に相談会やセミナーを開催予定です。(もちろん無料です)

例えばこんなことに対応してます。(一部抜粋)

・介護保険を使い、ディサービスで機能改善・介護予防をしたい
   (整体・リフレクソロジーが受けられます)

・在宅介護サービスを受けて孤独・孤立を防ぐ

・行政書士に法律的な相談をしたい

・送り迎えしてくれる美容室が知りたい

・除雪をたのみたい

・パソコンの操作を教えてほしい

・スマホが使えない

・自分では掃除できない部分の掃除がしたい

・ラーメン屋や地域のお店が知りたい(私に聞いてください)

・身近にニート問題、引きこもりで困っている人がいる

・精神障害(うつなど)で働く場所がない

・カウンセリングを受けたい

・何でもいいから話を聞いてほしい(私が傾聴します)

・住宅関連の悩み全般(リフォームや戸が壊れたなど)

・地域新聞をつくってほしい(私がつくります)


何かやりたいことがあるなら、実際にやること。

すぐにあきらめず忍耐力を持つこと。

自分にはできると信じること。

相手に共感する姿勢を持つこと。

それが大切です。



スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
01.02
Thu
2013年は、皆様にとってどんな年だったでしょうか。

良くも悪くも、一度リセットして新たな気持ちで新年を迎える準備をする大みそか。

365/365日



1560508_437919113001258_527592672_n.jpg

食べる量も年々減少している気がします。

去年100個注文した寿司も今年は60個程度に。

自分も歳をとりますが、両親や祖父も当たり前に歳をとりますからね。

姪っ子も、あっという間に4歳になりましたし。

いつまでもあると思うな親と金。

今年も家族で迎えられることにささやかな祈りを。


そして、リスタート!


1453519_437796243013545_1188358379_n.jpg


札幌に戻り開業してから、毎年欠かさず来ていますよ。

6年連続。目標はあと30回!



1526379_437995722993597_494124679_n.jpg

明けましておめでとうございます。

2014年も、0時00分から始動!!

近年まれにみる天気の良さです。

景気回復のためか、今年は参拝者が多く感じます。

もともとそんなに信心深くないんですけどね・・・

2008年に、お遍路を歩いてから何かしらの変化が生まれた気がします。

500キロ歩いたのは無駄ではなかったなと、今実感できます。

自分の行動の波及効果は、後々の人生で現れることが多いです。

それまでは、自分は一人で生きているという感覚がありましたが、大いなる何かに守られているという感覚が芽生えた感じですね。

そういう意味で常にお陰様という意識が大切です。

現代社会は、たいへん豊かになりましたが、どこか閉そく感があり、息苦しく、格差に苦しみ、他人のことは気にしない自分だけが良ければよいという感覚。

いかにたくさん儲けるかしか考えていない企業。

資本主義を勘違いした人達。

そんなの関係ねぇ(笑)

自分が変われば、すべてが変化します。

1月1日は、神社に行き心を静かにして祈ってみる。

1/365日

すべて、ここからスタートします。



1528644_438161996310303_1705732289_n.jpg


今年は、御神酒を境内で飲んだり、普段しないことをしてみました。

御神酒の梅酒も買って、朝から飲みました。

雑煮を食べて、近所の氏神様に参拝に。

今年の目標は商売繁盛(笑)



1555457_670408859678473_1611569918_n.jpg





comment 0 trackback 0
04.02
Tue




新年度がスタートしました。

新入社員の入社式の映像に違和感を覚えるのは、私だけでしょうか(笑)

ちまたの企業では、三月は決算期です。

つまり一年間の活動の通信簿を受け取ります。

しかもその通信簿は、リアルな数字となり評価されます。

今の経済至上主義の世の中では、結果がすべてなのです。

良くやったけど、ダメだった・・では通用しない世界です・・・

そして当店にも、そのときが訪れます。



NlICWxQf.jpg


4回目の確定申告を済ませました。やっぱり頭を抱えますよ。

つぶれたらジ・エンドですからね。


企業で言えば、株主が株を買いそれが企業の活動資金になります。

その分株主は配当を受けるという仕組みです。

なので、お客のためというより、株主を意識して活動する企業が目立ちます。

または、社員が稼いだ金を序列によって分配する。

日本の会社というシステムは、体のいい共産社会とも言えます。

さて、当店は株式会社ではないし、社員もいません。

ファミリーの皆さまが株主と同じと考えています。

つまり、私のコストパフォーマンスが悪ければ、皆さまの足が遠ざかってしまいます。

皆さまへの配当(何かを受け取っていると感じていただけること)が低くなると利用がなくなります。

そして・・・倒産です。

起業して3年でつぶれる確率は90%を越え、5年となると95%がつぶれるという統計があります。

これはいろいろ理由がありますが、人のことを何とも思わず安いものを高く売りつけたり、

ウソを言って人をだましたり、お金のみにフォーカスしている人は「大切なもの」が見えていません。

人から少しでも多く取ろうとするので、取られた方は何か損をした気分にさせられます。

資本主義の社会では、面白いことに、マイナスとマイナスをかけてもプラスになるのです。

ネガティブな人間が、ネガティブな方法でお金を儲けようとしても、お金は稼げるのです。

だた、長期的な成功や、心の平安を得るのは無理でしょう。

それは、ある真理を無視しているからです。

では、分かりやすく見てみましょう。


「大ヒット漫画・鋼の錬金術師」

この漫画は非常に深い部分があるので、大人でもファンが多い作品なんです。

主人公が使うのが錬金術です。

錬金術の基本は、無から物質を作り出したり、性質の違う物を作り出すことはできません。

そのため、必ず原材料となる物が必要であり、その物質の構成元素や特性を理解し、物質を分解、そして再構築するという3つの段階を経て完了します。

「それはどういうことですか、博士?」

つまり、必ず等価交換であるということです。

劇中に出てくる名セリフがあります。

「“一は全、全は一”、その答えを見つけなさい」

すべてはバクテリアに分解されて、植物の栄養になり、植物は草食動物を育て、それを肉食動物が食べて、私たちの意識しないところで当たり前に循環しています。私もみんなもその大きな流れの中のほんの小さい一つ。全の中の一。だけど、その一が集まって、全が存在しています。

そんな意味です。

そろそろ答えが見えてきたでしょうか?

つまり商売も、人生も錬金術であるということです。

等しくない反映はありえません。すべてが等価交換なのです。



ビジネスと人生とは、実は似ています。マラソンレースと同じ長期戦です。

何かを得ようと必死になり、一時的には何かを得ても、結局は何も得ることができない人がいます。

そして、ある人は気づきます。それは、錬金術と同じで必ず等価交換であると。

与えたものしか得ることができない世界。ビジネスでも人生でも同じです。

たいていの人は、ビジネスをビジネスとしか見ることができません。

「・・・・・!?」

つまり、ビジネス=お金、稼ぐ=成功。

「“一は全、全は一”」です。実は、全部つながっているんですよ。


bjMIIWrP.jpg

懐かしい店構えですね。

私の目的は達成され、のれんはおろしました。

例えば、お金を稼ぐことに集中するなら、もっとお客さんを増やす必要があります。

看板は出すべきです。がつがついくべきでしょう(笑)

私はお金を稼ぐためだけに、ビジネスをしているわけではありません。

独立してから、我慢してお金をもらうのをやめたのです。

給料とはいわりる我慢料のことです。

毎月、決まった額がもらえ、しかもボーナスもあるのに文句を言うのはお門違い(笑)

では、商売とは何なのか?

つまり、ビジネスは愛である。

はい、胡散臭いことを言いましたね(苦笑)

愛という言葉は、伝えるのがとても恥ずかしい言葉なんですが、たしかに存在してますよね?

つまるところ、人間って愛があるから頑張れるんです

愛とは、調和であり、ハーモニーです。

難しく考えないでくださいね。調和があるところに愛があります。

それは、ハーモニーのように心地良いということです。

お客さんが困っていたら力になりたいし、できることなら幸せになってほしいです。

だから、嫌いな人のためには頑張れないんです。

私はお客さんが好きで、そのために頑張れて、その結果、価値を提供することができます。

さて、そろそろ答えは見えてきたでしょうか?

ビジネスは愛であるという話をしましたが、経済至上主義の世の中で、稼ぐということはとても大切です。

理念だけでは飯が食えません。

要はバランスが必要です。

ただ、お金を稼ぐというのは手段であって目的ではありません。

私のような仕事の場合は、目に見えないものを扱っていますので、結果がすべてになります。

人によっては役に立たないものになりますし、人によってはとても感謝されます。

そう、結果に値段はつけられません。

人によって感じ方は様々です。

では、わかりやすく。

私の好きな番組があるのですが、それが世界1のSHOWタイム~ギャラを決めるのはアナタ~


観客の300人がパフォーマンスにギャラを払うという番組です。

しかも、すべて自腹です。



fCeKvoBB.jpg


9歳のジャズピアニストについたギャラは、何と170万円でした。

最低は0円、最高は99万です。そう、人によって値段は様々です。

自分が最高のパフォーマンスをしても、伝わる人と伝わらない人がいるのです。

伝わらないときは、お金は0です。

伝わったときは99万。

少しづつ真実に近づきます。

最高のパフォーマーには、常に最高の観客がいます。


imagesCA5JHILG.jpg


ただ、それだけです。

全員にウケる必要はないのです。

肩の力が抜けませんか?

だれのために頑張ろうかを決めればいいのです。

選択と集中です。



comment 0 trackback 0
01.14
Mon
私の楽しみの一つ。

それが仮説と検証です。

自分で立てた仮説を実際に行動に移し、どんな結果がでるのか。

これを人生を通してやっています。

これが、実に楽しいのです。

人生とは、大いなる実験とチャレンジの場なのです。

376845_474274745924911_653128559_n.jpg

なので、やりたいことをやってみましょうと、常に言っているのです。

幸せは感じたもん勝ち、見っけたもん勝ちなんです。

例えば、証券会社の社員。プロだと思っていませんか?

違いますよ。株を売るのが仕事です。

身銭を切ってトレードしているわけではありません。

実際に儲かるなら、当然自分でやるでしょ。

例えば、使えないコンサルタント。

実際に自分で商売をしたことがありません。

例えば、戦場では、誰の意見を聞きますか?

軍事評論家の意見を聞きますか、それとも鬼軍曹ですか?

軍事評論家の意見を聞いたらどうなります?

戦死しますよ・・

つまり、人生に机上の空論は存在しません。

私の話は、すべて実体験からきていますし、使えない健康の話もしません。

自分がやってみて、効果のあることを伝えています。

人は、私のことを実践マーケッター、または、有言実行の男と呼びます。

たまにビックマウスにもなります。

私は、ある目標を立てて、何年も前から周りの人に言い続けています。

世界を旅しながら、本を書く。

どうです。ビックマウスでしょ。

なぜか?

自分のやりたいことがあるとしましょう。

それを、まず周りの人に言ってみてください。

言わなきゃ何も始まらない。

言ったことを実行する人の言葉には、力がこもります。

それが、言霊になりパワーとなります。

ほとんど人が、何となく行動して、何となく結果を得ていると思います。

そして、得られた結果が予想と違うと、なぜ?why?と感じます。

418932_478199422199110_961390393_n.jpg


一つ秘密を教えましょう。

秘密でも何でもありませんが(笑)

ポジティブな行動は、ポジティブな結果につながり、ネガティブな行動は、ネガティブな結果につながります。

ネガティブな思考は、ネガティブな行動を生み、ポジティブな思考はポジティブな行動を生みます。


はいっ当たり前ですね。

ブッタは、これを十二縁起と説明しました。

538476_534399489912436_429287321_n.jpg


簡単に言えば、原因と結果の法則です。

さて、前置きが長くなりました。

というか、長すぎました(笑)

私の持論の一つに、「意味のないことは起こりはしない」、というものがあります。

なので、自分の行動の意味を考え、つながりを持たせる特性があります。

今の行動が必ず何かにつながっていきます。

仮説と検証の話の続きです。

さて、語りますよ。

今、行っていることがあります。

それが、「ポスティング」です。


prePjl3z.jpg


いや、いろんなポストがあるんだなと、日々観察しています。

その中で、ブラシみたいのが付いてるのがあるんですが、これがなかなか入らない・・・

いいですか、ポストの話は(笑)

なぜ、ポスティングしてるかと言うと、少し新規の方を入れてみようと思いました。

あとは、地域をくまなく歩き回ることで新たな発見があるからです。

やはり、人の新陳代謝を行わないと、商売と自分のモチベーションも停滞することを知りました。

今までは、ポスティングには消極的な姿勢だったんです。

何というか、単なる迷惑行為になり下がっている気がするんですね。

某不動産屋のチラシがしつこいとか・・・

本来は、そんなもんじゃあないんですよ(笑)

マーケティングの話をするので、つまらない方は飛ばしてくださいね。

今、ポスティングというのは、外部発注です。

つまり、お店側が代理店側にたのみ、代理店は格安な料金でアルバイトを使うわけです。

ポスティングをしている主婦を見かけませんか。

すると、どうなるか?

目的が、チラシを減らすことになります。

アルバイトは、チラシが減ればいいわけです。

そのため、入れやすい集合住宅のポストにチラシが集中することになります。

こういう所にお住まいの方は、一週間も留守にするとポストがチラシで溢れていますよ・・・・

つまり、ポスティング=非常に迷惑な行為になり下がったわけです。

不必要な人には、単なるゴミでしかないのですから。

配る人は、いやいや配ってますし、見る人もゴミが増えてうざいと思っている。

この行為の意味ってなんなんですかってことになります。

実際にポスティングをしていると、何か悪いことをしている気にさせられますよ。

場所によっては、罰金一万とかの張り紙が貼ってあったりと・・・

もう一度言いますと、本来の意味は違うのです!

ポスティングの発祥は大変古く、江戸時代と言われています。

その当時の広告物の呼称が、「散らし」だったことから、現在も「チラシ」と言われています。

こんな豆知識いりませんか(笑)


先ほどの話のように、ある程度の規模のマンションにお住まいの方は、毎日、投函されるチラシに、辟易していることでしょう。

結果的に、どうしても多くの情報(チラシ)が、集中してしまいます。

なので、私の話を少し聞いていただければ、違った観点でチラシを観ることができるようになるでしょう。

雪の中を歩いて、ふと振り返るとあることに気づきました。

そういうことなんだね、高村さん。

「僕の前に道はない。僕の後ろに道はできる」

~高村光太郎

284553_479454108740308_144239116_n.jpg



会社や家庭生活、例えば、あなたの日常がつまらないとしましょう。

つまらない日常はありません。つまらない意識があるだけです。

つまり、見方、やり方を変えるだけで、いくらでも面白くできるってことです。

見方を変えると、一見つまらなそうなことに発見があります。

私が行っている「ポスティング」。

どう考えても、つまらなそうですよね?



RIchcjKy.jpg



ステンレスのすごい立派なポストがあります。

ポスティングをしてると観察できます。

いろんな玄関があるんだなと。

かたくなに人を拒んでいる玄関、猛犬がいるぞと脅す、カメラ作動中とか、反対にウエルカムと書いてあったり、

御苦労さまと、配達員を労う言葉が書かれていたりする気持ちのいい玄関もあります。

入ってくる人が、全員悪い人のわけではありません。

むしろ少ないでしょう。

つまり、住んでいる人の心の反映ととらえることができます。

ある程度、オープンマインドでいるほうが、変なものは寄ってこないのです。

来たらやだな、来たらやだなと思っているから逆に寄ってくるのです。


このポスティングという作業は、「私は地域で商売をさせてもらってます」、という意味もあります。

そして、何か悪いことをしているように思わされる、この作業に、「ありがとう」という気持ちを込めて投函することにしました。

すると俄然気持がいい!

ありがとうという言葉のパワーを再認識したわけです。

大切なのは、自分の行動の意味を考え、ポジティブな意味を与えていくことです。

つまり、ポスティングをするときは、情熱を込める、

花束を贈るときは、愛を込めるということです。


20120730_184058-1.jpg

comment 0 trackback 0
12.29
Sat
2012年編集後記。

地域の店に行き今年の反省をする。それが毎年の恒例です。


418055_128872580572581_100003495206622_113520_1048663976_n.jpg

今年は巌窟王にて、ラーメン食べ収め。最近とても繁盛していますね。

地域のお店が元気だと経済が良くなってきた証拠です。

実は、私が開店して一番乗りした店です。


1356661765738-1.jpg

この焦がし味噌が絶品です。惜しげもなくチャーシュー3枚入り。

柔らかしなちくにきくらげがうまい!!

厚底のどんぶりでボリュームたっぷり。

食べた後のこの満足感。いつもサービスチケットをくれます。

チャーシューを食べながらいつも考えるんです。

なぜチャーシューはこんなに柔らかいのか?

煮込んでいるから柔らかい。つまり熟成させている!!




続けていれば何かいいことがあるのではないか?と思っていました。


当時中3だった子が高3になり、すっかり大人のいい男になっていたり、

結婚して出産してお母さんになった方がいたりと。

お客さんのタイムライン、ハピネス関わることができている。この事実。

あ~これなんだなと確信しました。セラピスト冥利につきるってもんですよ。

失敗をたくさんしながら、少しづつ進みました。10やったら8は失敗してますからね。

自分でも、どこまで行けるかわかりません。迷わず行くだけです。

62582_485416318144087_1100803968_n.jpg

世の中の流れは、ドックイヤーと呼ばれるほど早いですが、これからは

「モノからココロへ豊かさの定義が変わる」と時代の流れを観ています。

百姓とは、元は百(たくさん)の姓を持つ者たち、すなわち有姓階層全体を指す漢語でした。

ときは流れ~、現代のカリスマと呼ばれる有機農業家が言いました。

「百姓とは、100種類の作物をつくれる人である」と。

セラピストとは、100の視点でものを観ることができる人でありたい。

今年、関わっていただいたすべての方に感謝申しあげます。

皆様にハピネスが訪れますように。


5LzHEAX4.jpg

comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。